この度、ANKOMN ショップさんから商品を提供していただきましたので、レビューします。2.4リットルサイズで7,480円と高価ですが、かなり良い商品でした!

外見

箱開けた第一印象、というかまず箱が結構ちゃんとしてます。そして中身、おしゃれな感じです。加藤産業や遠藤商事のものとは大違い。プラスチックのパーツも、色がスッキリしていて野暮ったい感じはしないですね。どうしてもこの手のキッチン用品は安っぽくなってしまいがちですが、この製品はデザインがちゃんとしてるのでキッチン用品にこだわりのある人でも納得できるデザインだと思います。

容量と脱気

2.4lなんで、加藤産業/遠藤商事の1.8lよりも多めに入る感じですね。そして脱気。これが一番のポイントなんですが、ポンプが蓋と一体型でポンプを押し付けて脱気するタイプよりも格段に空気を抜くのが楽になっています。

丸い部分を文字通り回すだけで空気が抜けるんですが、最初はホントに抜けてるのかな!?と思うぐらい楽。だんだん回すのが重くなってきまして、ハンドルの横にあるポチが凹んだら脱気完了です。ちょっと重いかなーぐらいなので、女性でも比較的楽に空気が抜けると思います。

また、この手の容器で一番気を使わなければいけないのが容器と蓋の接合部分です。これは容器と蓋がしっかり密着しないと空気が入ってきてしまうわけです。他の真空保存容器では、この接合部分にキャットフードの粉などが付着することによって結構空気が漏れてしまうわけですが、ANKOMN SAVIORではこの部分をわりとルーズに扱っても空気が入りにくくなっていました。

他の容器では上から押さえつけて空気を抜いていくのに対して、ANKOMN セビアは何重かに重なったパッキンが垂直方向に重なっているため、粉などの影響を受けにくくなっているようです。またその分容器の厚みを抑えられているのもいいですね。

持続

商品が届いたその日にキャットフードを入れまして、2週間程度放置しておきました。ボタンを押すとプシューと空気が入る音がします。脱気してすぐに抜いたときと比べても同じ長さぐらいの音がするので、ほぼ空気は漏れていないようです。2週間漏れなければ恐らく1ヶ月程度は余裕のはず。販売サイトでは「特許技術の使用により時間が経っても容器内に空気が戻りません。」とまさかの断言です。頼もしい限りですが、フードの保存用途だとせいぜい1ヶ月程度だと思いますので、まずは問題ないのではないでしょうか。

ポイント

さて、ANKOMN SAVIORのポイントを整理してみます。
簡単脱気
ポンプ別体のタイプより脱気が簡単なのがいいですね。反面、複数個買っても全部にポンプが付いてるので、コスト的にはその分高くなっていると思われます。ですが、ポンプ別体式のデメリットは密着させるところにも人力を使ってしまい、その分脱気する力のパワーロスにつながっているところなのでその欠点をカバーしている上に、ハンドル回転で空気が抜けるという滑車の原理でパワーアップできる方式を採用しているところがすごいですね。本当に軽く空気が抜けていきます。

長期保証
この製品、1ヶ月返金保証と2年製品保証がついてます。この手の製品ではかなり長期な部類に入るのではないでしょうか。電動タイプは保証期間が短いので、2年保証はかなり安心できます。

漏れにくい
まだ2週間程度しか使っていないので長期保存でどうなるかというのはわかりませんが、少なくとも1ヶ月程度は漏れなしで保存できそうです。このクオリティで2年保証で買えるなら7,500円は決して高くないと思います。

というわけで、用途的には脱気が比較的簡単であるというところから、数日~1週間に1回程度開けるペットフードの保存用に良いのではないでしょうか。個人的には、電動タイプの大容量と同様の5リットルタイプがあれば、1ヶ月程度の長期保存にも良いのではないかと思いました。願わくばもう少し価格が安ければ手が出しやすいかという気もしますが、長期保証と脱気の簡単さを考えると、とても良くできた製品だと思います。

追記

2.4lモデルは一部欠陥が見つかったとのことで販売休止されているようです。修正版ができ次第販売再開とのことです。
http://www.ankomnshop.jp/

追記2

改修された対応品が10月中に販売再開されるそうです。